カスタム・オーダーメイドできる腕時計ガイド

プレゼントにも最適な人気ブランド・メーカーを一斉調査

金属アレルギーでも着用できるカスタム腕時計は?使用素材を徹底分析!

金属アレルギーはなぜ起こる?

金属が溶け出すことで体が防御する反応

そもそも金属アレルギーは、金属自体がアレルギー反応を引き起こしている訳ではありません。

金属を肌につけた時、汗などの水分によってイオン化された金属が溶け出しますが、これが皮膚のタンパク質と結合することで「異種タンパク質」という形に変化します。

この異種タンパク質がアレルギーの原因物質(アレルゲン)となり、異物として脳が認識すると、体を守る免疫反応として攻撃を始めて様々なアレルギー反応を引き起こすのです。

異物として認識された金属には抗体が作られるため、再び体に触れた時もまた攻撃態勢になり、アレルギーの症状が出現します。

そのため、1度発生してしまった金属アレルギーが治ることはないので、常に気を付ける必要があります。

どの金属に反応するかは人それぞれ

どの金属によってアレルギーが生じるか、どのタイミングでアレルギー反応が出るかは、個人差があるため一概には言えません。

よく、アレルギーは「コップに水を注ぐのと同じで、水が溢れた時にアレルギー反応が出る」という表現をされます。

まさにその通りで、人によってコップの大きさ(アレルゲンの許容量)も違えば、水が注がれる量(アレルゲンの蓄積量)も異なるため、たとえ血縁の家族であっても同じ金属でアレルギーが出るとは限らないのです。

また、かゆみや発赤、蕁麻疹のような軽度な症状から出現する人もいれば、急に呼吸困難など重篤な症状が出現する人もいます。

症状が出たらとにかく反応する金属を避けること!

もし自分に金属アレルギーが出てしまったら、原因となる金属を特定し、身につけないようにすることが大切です。

たとえば、腕時計やピアス、ネックレスなどのアクセサリーに反応した場合は、メーカーや型番から使用されている金属を調べましょう。

金属アレルギーが起こっても、全ての金属が使えないという訳ではありませんので、反応する特定のアレルゲンだけを避ければ大丈夫です。

もちろん、今後自分が使用するものは金属素材を必ず確認し、アレルギーが起こらないアイテムを購入しましょう。

要注意!アレルギーを起こしやすい金属の種類

水銀(Hg)

歯科治療の詰め物・被せ物として代表的な金属で、「アマルガム」という金属化合物にも使用されています。

東京都済生会中央病院皮膚科が274名を対象に行った調査によると、水銀はアレルギー頻度が一番高かった素材として報告されています。

昭和31年ごろに熊本県で発生した水俣病の原因物質としても有名ですが、水銀は神経毒性が強いというのが特徴です。

そのため、目が見えにくい、感覚が鈍くなる、音や声が聞こえにくい、力が入りにくくなるなどの様々な神経症状を呈します。

現在、腕時計などアクセサリー製品などで使用されることはないため、発生原因として過剰に心配する必要はないでしょう。

ニッケル(Ni)

ニッケルは酸に弱いため、汗に触れると金属イオンが溶け出しやすく、金属アレルギーの原因物質第1位として挙げられています。

硬貨やステンレス製の家具、安価なアクセサリー、下着や眼鏡に使用する形状記憶合金など、日常でも触れやすい金属です。

腕時計に使われる事は少なくなってきましたが、安い値段で販売されている腕時計には使用されている事もあります。

また、ステンレススチールの素材の1つとして使用されており、人によってはステンレスに含まれるニッケルでアレルギー反応を引き起こすケースがあるようです。

コバルト(Co)

希少金属レアメタルとしてよく知られているコバルトは、リチウムイオン電池や硬質合金の素材として使用されている金属です。

「コバルトブルー」という名称で良く知られるように、鮮やかな発色が特徴で、顔料に含まれる事もあります。

基本的には工業用・医療用の金属として用いられる事が多いため、日常生活で触れる事はそう多くありません。

ただし、着色料としてエナメルや陶磁器、ガラス、ホーローなどに使用される事があり、アレルギーを持つ方は注意が必要です。

クロム(Cr)

ステンレスを作る際に欠かせない金属で、耐摩耗性・耐食性・耐熱性に優れているという特徴があります。

金属加工に使いやすい素材であり、クロムメッキとして加工に使われる事も多く、腕時計やアクセサリー、バッグなどのファッションアイテムから、水道の蛇口、ドアノブ、ネジ・ボルトなど家庭内のパーツまで様々な身近な用途に使われているのです。

クロムには「三価クロム」と「六価クロム」の2種類があり、三価クロムは人体に害をもたらす事はありませんが、六価クロムという種類は有害性が認められており、金属アレルギーを引き起こします。

実際に、どちらが使用されているのか判別するのは難しいため、クロムに金属アレルギーを持つ方は全般的に避けた方が安心でしょう。

パラジウム(Pd)

融点が低く、水素を取り込む力に優れている金属で、硬度や耐久性が高く、銀歯に使用されている素材としてよく知られています。

ゴールドやプラチナの強度アップを目的に割り金として用いられることもあり、指輪やネックレスなどのアクセサリーにも用いられる金属です。

腕時計にパラジウム単体で使用されることは少ないですが、プラチナなどの合金で配合されていることがあります。

ニッケルアレルギーを持つ方の多くは、パラジウムにもアレルギー反応が出やすいと言われているため注意した方が良いでしょう。

ステンレス・ステンレススチール

巷では「アレルギーが起こりにくい金属」として謳われている事も多いステンレスですが、鉄・クロム・ニッケルを合わせて作られた合金素材です。

そのため、いずれかの金属に対してアレルギーを持っている場合はステンレスにも反応し、症状が出現する可能性があります。

ステンレス製品の多くは表面がコーティングされているため、すぐに症状が出るケースは少ないようですが、使用期間や着用時間が長いとコーティングが剥がれ、アレルギーが出やすくなります。

他の金属でアレルギーが出る事も!

紹介した5つの金属は、アレルギーを起こしやすいと言われている代表的な素材ですが、上記以外の金属でアレルギーを起こす人もいます。

スズや銅、亜鉛、マンガンなどの素材が、金属アレルギーの原因になることもあります。また、人によってはアレルギーが起こりにくいとされている金属でも、反応してしまう事があるのです。

人によって反応する金属の種類や症状、重症度などは異なりますが、金属アレルギーは上記だけに限らないという事は知っておきましょう。

金属アレルギーを起こしにくい素材もある

チタン

汗などによって金属イオンが溶け出しにくい性質があり、金属の中で最もアレルギーを起こしにくい安全な素材と言われています。

インプラント、心臓弁、人工骨などの医療用品にも多く使われており、アレルギーが心配な方はチタンを選ぶと安心です。

しかも、チタンは強度が高くて軽いというメリットがあり、腕時計としての機能面・利便性も高まります。

ただし、他の金属素材に比べて成形や切削などの加工が難しく、価格が高くなりがちというデメリットもあります。

金(ゴールド)

チタンと同じくイオン化しにくい特徴があることから、金属アレルギーを起こしにくい素材です。

ただし、アレルギーになりにくいのは純金(K24)であり、カラーゴールドのように他の金属が入っている場合は、反応する恐れがあります。

また、アクセサリーなどに使用する際は、金と他の金属を混ぜて合金にすることも多くあります。

銅やパラジウムなど、混ぜ合わせた金属でアレルギーを引き起こす可能性があるので、注意しましょう。

銀(シルバー)

「シルバーはアレルギーを起こしやすい」と言われることもありますが、実は、純銀はアレルギーになりにくい金属です。

金と同じように、加工や利便性のためにニッケルや銅などを混ぜることが多く、その金属にアレルギーが反応する恐れがあります。

純銀が腕時計に使われる事は少なくなっており、あったとしてもかなり高価なアイテムになるため、あまり手の届きやすい素材でない事は確かでしょう。

白金(プラチナ)

アクセサリーでもよく使われるプラチナは、汗に溶け出しにくいため、アレルギーは起こしにくい金属です。

プラチナ自体は非常に柔らかい金属なので、耐久性が低く、パラジウムやルテニウム、イリジウムなどの金属と混ぜて加工されます。

プラチナ1000と書かれているものは、白金純度が99%以上なので安心ですが、それ以外の表記の場合は合金に何が使われているか調べた方が良いでしょう。

プラチナの合金に使われる金属のうち、「パラジウム」はアレルギーを起こしやすいですが、「ルテニウム」「イリジウム」の2種類は金属アレルギーになりにくい素材なため、混ぜ合わせていても安全です。

どれなら安心?カスタム腕時計のケース・ベルト素材を調査!

UNDONE

アンダーンの腕時計は、ケースやベゼルの一部にステンレススチールが使用されています。

「316L」という鋼種名のステンレスは、アレルギーを起こしやすいクロム、ニッケルに加え、モブリデンというレアメタルが含まれる合金素材です。

ただし、ステンレススチール316Lは、汗で金属が溶け出しにくい高耐食性があるため、他のステンレス素材に比べてアレルギーを起こしにくいという特徴があります。

クロムやニッケル、ステンレスに重度のアレルギーを持つ方は控えた方が安心ですが、軽度の場合は問題なく使用できる可能性があります。

  ケース ベゼル ストラップ
URBAN ステンレススチール(316L) なし 金属ストラップなし
AQUA ステンレススチール(316L)
セラミック(非金属)
セラコート(非金属)
TROPICAL ステンレススチール(316L)
UNDONEの詳細を見る

RENAUTUS

ルノータスは、全ての腕時計のケース本体にステンレススチールが使用されているため、アンダーンと同じく重度の金属アレルギーの方は注意が必要です。

ただし、アレルギーを最も生じにくいステンレス「316L」を使用しているため、比較的安心して使える素材です。

クロムやニッケル、モブリデンに強いアレルギーがなければ、どの腕時計も安全に使用することができます。

  ケース ベゼル ストラップ
スタンダードクオーツ
スタンダードオートマチック
ステンレススチール(316L) なし なし
クラシッククオーツ
クラシックオートマチック
ステンレススチール
アクアオーシャン アルミ
RENAUTUSの詳細を見る

Knot

ノットでは、ほとんどの腕時計にステンレススチールを使用していますが、抗アレルギー素材と言われる「316L」を採用しています。

毎日長時間着用するような方、症状が重度の方でなければ使用できますので、金属アレルギーがあっても選びやすいでしょう。

また、「チタニウムソーラー」と「チタニウムソーラークロノグラフ」の2種類は、最もアレルギーが出にくい金属と言われるチタン素材を使っています。

アレルギーが酷く心配な場合は、このチタンの腕時計に金属以外のベルトを合わせれば、安全に素敵なカスタムが叶います。

  ケース ベゼル ストラップ
チタニウムソーラー
チタニウムソーラークロノグラフ
チタン なし ステンレススチール(316L)
上記以外の腕時計 ステンレススチール(316L)
Knotの詳細を見る

Christian Paul

女性用腕時計で人気のクリスチャンポールですが、ケースや一部ストラップにはステンレスが使用されています。

クリスチャンポールのステンレスは鋼種名が記載されていないので、耐食性の高いステンレスなのかどうかを判別することはできません。

そのため、基本的には金属アレルギーのない方向けのラインナップで、症状が出る心配のある方にはオススメできません。

  ケース ベゼル ストラップ
全ての腕時計 ステンレススチール なし ステンレススチール
Christian Paulの詳細を見る